まぶたや目の周りの色素沈着を治すなら、この美白クリームです!

まぶたの二重の部分や目の周りの黒ずみというか色素沈着、40歳を越えた頃から気になり始めて・・・。
普通のスキンケではなかなか変化が無かったんですが、とある美白クリームに出会ってまぶたが少しずつ明るい肌色に変化してきています。
毎日、外出や人に会うのが楽しくなって来ています。

まぶたに、まさかの色素沈着?この黒ずみって治すことできるの?

40代半ばの主婦です。

つい最近まで、まぶた(瞼)に色素沈着というか黒ずみが出てきていて、普段のスキンケアではなかなか消せなくて、どうしたものかと困っていました。
目の周りという、場所も場所だけに、強めのものを使うのも怖くて。

まぶたの色素沈着、黒ずみはどう治す?

 

わたしはもともと二重で堀が深めだったので、 日本人で言えばちょっと濃いというか。
若い頃にはちょっとエキゾチックなんて人に言われたりして、その頃はよかったんですが、この歳になってみると・・・。

まず、まぶたの二重のシワのところが、だぶつき気味になってきて、おまけに目の周り全体が色素沈着気味で黒ずんでいる感じで、暗いというか、シワが淀んで集まってきているというか・・・二重なのか三重なのか、みたいな。

こうなってくるとメイクではどうにもならなくなって・・・。
もう、ちょっと人にも会いたくないというか、近所に買い物に行くのも気が重い感じで・・・。

 

と、これが二ヶ月前のわたし。
今は・・・

実は友人から、とある美白クリームを教えてもらって使い始めたら・・・
現在進行形で対策中なので完全に目の周りの黒ずみや色素が消えたわけじゃないけど、ちょっと肌が明るく、ハリが出てきて透明感もでてきて・・・。

ここのところ毎日が楽しみというか。
ずっと悩んできたので・・・。

すごく嬉しいので、この体験をまとめておきますね。

 

なぜ、まぶたに色素沈着?その原因は?

なぜ、まぶたや目の周りが黒ずんでしまったのか?
色素沈着してしまったのか?

ネットであれこれ調べたり、もの知りっぽい友だちに聞いたりしました。

結局、人間の身体のことなので、本当の理由の特定は難しいらしいですが、もともと目の周りが黒かったわけではないので、何らかの原因に“反応”した結果、まぶたなんかが黒ずんでしまった、わけですね。

なぜその部分が黒ずんだりくすんだり、かというと、肌の下でメラニンが黒くなっていて、その色のせいで肌の表面が黒ずんで見えたりするわけです。(他に、炎症が起きていたり、クマのように肌の構造がうすくなって黒く見えるとかもあります)

メラニンは、よくお肌の敵のように扱われていますが、実は身体と肌の防衛的な反応の動きとしてメラニンが出てくるそうなんです。
たとえば肌に紫外線が当たると、シミを作りだして、その紫外線を集めて肌全体へのダメージを少なくさせてくれるんです。紫外線は色の濃い部分に集まる特性があるんですね。

また、ひんぱんに擦れたり、いつも締め付けられたり、といった部分には、やはり防衛的にメラニンが出てきて定着するとのこと。
たとえば脇のムダ毛の処理をカミソリでずっとやっていると、脇が黒ずんできたりしますよね。
保育士さんがいつも膝立ちしているので、膝小僧が黒ずんできたり、というのは、この防衛的な反応です。

またダメージというわけではないですが、たとえば妊娠すると、いろいろホルモンバランスとかが変わりますよね。
ホルモンバランスが変化するときには、その影響が肌の弱い(薄い)部分に出てきてしまうそうです。
たとえばバストトップとかデリケートゾーンなんかにメラニンが集まってきて黒ずんだりとか、そういう変化が起こりがちなんだそうです。


で、わたしのまぶたの黒ずみの原因ですが
わたしが心あたりがあるとすれば・・・

たぶん若い時にクレンジングで、ごしごし擦ったからなんじゃないかと。
独身時代、メイクするのが楽しくて、あっちこっちのブランドをとっかえひっかえ。
家に帰れば毎日クレンジングでゴシゴシ。
(正確には、メイクを落とさずに寝ることも・・・苦笑)

自分の顔が濃いから言うわけじゃないですけど
よく外国人の年配の女性で、まぶたや目の周りが黒ずんでいる人を見かけるような。

まぶたや目の下のクマ、色素沈着や黒ずみ、どうするどうする?

たぶん外国の人ってメイクが濃いので、やっぱりクレンジングごしごしのせいなんじゃないかと、個人的に思うんですが。

 

まぶたや目の周りの色素沈着や黒ずみを治すには?

じゃあ、どうやったらこの目の周りの黒ずみの色素沈着は解消される?

ということであれこれ調べましたが、
やっぱりビタミンCですね、というのが、わたしなりの結論です。
ビタミンCがしっかり配合されている有名どころの 美容液、クリームをあれこれ試し始めましたんです。

本当はハイドロキノンとかで、直接的にガシガシ漂白するのが近道なんでしょうけど、上にも書いたとおり、やっぱり強い美白成分なのでちょっとこわい。
なのでビタミンC、というか正確にはビタミンC誘導体の配合されているものを試しはじめました。

女子ならみんな知っていると思うけど、ビタミンCは簡単には肌に浸透しないし、不安定な成分なんだそうなので、ビタミン誘導体が必要なんですね。


で、いくつか美容液とかクリームとかを使ってみたんですが・・・。

 

まぶたや目の周りの黒ずみを治すのに使った美白クリームとは?

残念ながら、なかなか効果が・・・。
大手の美白商品やDHCとか、いろいろブランドも変えたりしてみたんですけど・・・。

ある日、友人とおしゃべりしていて、こんな愚痴をこぼしていたら、その友人がひとつの美白クリームを紹介してくれました。

彼女は、もともとアトピーで長年くすりを使ってきたせいで、色素沈着があって、そんな彼女が「これ、いいわよ」と教えてくれたものです。
ブランドというか名前は聞いたことがなかったんですが、いろんな雑誌で取り上げられているとのこと。

ないしょで本音を言うと、有名どころのブランドを使った後なので「どうせわたしには合わないだろう」と半信半疑だったんですが・・・これが大当たりでした。

 

使ったのは

ホワイトラグジュアリープレミアム」 という医薬部外品のクリームです。
美彩という会社が製造しています。

ホワイトラグジュアリーホワイトを買いました!いい感じです♪

医薬部外品というのは、お医者さんで処方される薬とは違いますが、配合されている成分の効果効能が公に認められているものなんです。


アトピーだった友人が使うぐらいですからね。
きちんと作られたクリームだと思います。

http://whiteluxurypremium.com/

 

 

 

「ホワイトラグジュアリープレミアム」の効果は?

いま「ホワイトラグジュアリープレミアム」を使い始めて二ヶ月が経過しましました。

 

ホワイトラグジュアリープレミアムを手にとってみた画像です。
「個人的には、ボトルや壺タイプの容器は嫌いで、プッシュタイプならずっと清潔に使えますね」

 

使い始めて二週間ぐらいで、肌が柔らかくなってきた感じとともに、なんだか、まぶたの部分にハリと明るさが出てきた感じ。まぶただけでなく目の周り全体や頬骨あたりでシミのあるあたりまで使っていたんですが、三週間ぐらいたつころには、肌全体に透明感を感じ始めました。
ちょっと若い頃の肌の感じを思い出しました。

そしていま、まぶたの黒っぽい色素もだいぶ薄くなってきたような気がしています。
嬉しくてついついまぶたに触ってしまいそうになりますが、そもそもゴシゴシ触ったことが原因かもしれないので、そうっとそうっとホワイトラグジュアリープレミアムにお任せしています。

 

なぜホワイトラグジュアリープレミアム?

でも、なぜホワイトラグジュアリープレミアムは、わたしに効いてくれたのか、ですね。
その前には、いろんな大手ブランドのビタミンC入のアイテムを使ってみたけど・・・。

ホワイトラグジュアリープレミアムの特長を簡単に説明しておくと、ホワイトラグジュアリープレミアムには「3種類の“ビタミンC誘導体”」が配合されています。

ホワイトラグジュアリープレミアムのテクスチャは、クリームというよりジェルに近い感じで、かなり軽めです。
「ホワイトラグジュアリープレミアムのテクスチャは、クリームというよりジェルに近い感じで、かなり軽めで、乾きも早いです。
かなり伸びるので、ちょびっとの量で広くカバーできると思います。」

 

よくビタミンC誘導体配合と銘打っている美容液とかクリームを見かけますが、ほとんどは“水溶性”のビタミンC誘導体の1種類が配合されているだけなんです。

ホワイトラグジュアリープレミアムに配合されている誘導体は以下の3種類。

  • 生ビタミンC
    (アスコルビル酸Na)
  • 水溶性ビタミンC
    (リン酸アスコルビルMg)
  • 油溶性ビタミンC
    (テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)

よく他で使われているのは二番目の水溶性ビタミンCです。

ホワイトラグジュアリープレミアムは、丁寧にビタミンCを肌に浸透させるように成分の構成が考えられているんですね。

それぞれ、即効性、中間型、持続性、という機能を持っているとのこと。
で、上から下の順に、肌に浸透する深さも違うとのとこと。
つまり効果の継続性と肌への浸透の深さ、とが考慮されて作られているんです。
(詳しくは公式サイトの説明を見てくださいね)

 

まだ、まぶたや目の周りの色素沈着の解消は、道半ばですが・・・

ビタミンCって、肌にいいことはわかっていたけど、シミや黒ずみの解消ならハイドロキノンがあって、効果はどうしてもそれよりは落ちるよね、という印象でしたが、今回、ホワイトラグジュアリープレミアムを使ってみて、これだけ丁寧にビタミンCを浸透させることができれば、こんなわたしの「まぶた」や目の周りもなんとかなりそう、とうれしく思っています。

あ、今、ホワイトラグジュアリープレミアムは安く買えるので、定期購入しているんですが、ちょっとずつ他の部分の黒ずみなんかにも使い始めています。
バストトップとかデリケートな部分に使えるということは、やっぱり肌に優しい作りになっているクリームということですね。

アトピーだった友人が使うぐらいですからね。

でも、ビタミンCが美白効果があると入っても、ベタベタ大量に塗ってはダメだそうです。
特に乾燥気味の肌には、ビタミンCは皮脂が出るのを少し抑えてしまうらしいです。
ホワイトラグジュアリープレミアムには保湿成分も配合されていますが、ここは注意した方がいいですね。


もし肌の色素沈着や黒ずみに悩んでいるのなら
3つのビタミンC誘導体の詳しい話はぜひ読んでおいて下さいね。

あなたの色素沈着や黒ずみが無くなることを祈っています。


ホワイトラグジュアリープレミアムの公式サイト
http://whiteluxurypremium.com/

 

 

追記1

パート先のちょっと若い子(と言っても20代のママ)なんですが、その子は「まぶた」や目の周りではないんですが、口の周りがちょっとくすんでいて、ヒゲは生えていないんですけど、うっすら髭があるような感じで悩んでいたそうですが、「口の周り」専用の色素沈着向けのクリームがあるとのことで、それを使って、やっぱりいい感じのようですよ。

黒ずみ解消関係のクリームって、いろいろあるんですが、身体の黒ずみだったらどこでも使えるタイプがほとんどですね。ホワイトラグジュアリーよりも、ちょっとお安いようなので、わたしも気になっていますw

彼女が使っていたのは
ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム
https://store.bizki.jp/

 

追記2

うーん・・・学生の頃からの友人に久しぶりにあったんだけど、いつのまにかスキンケア・オタクになっていた!(笑)

で、その彼女いわく
「女も40歳を越えれば、もう部分部分のケアとかやっている場合じゃなくって、真剣にエイジングケアに取り組むべきよ!」
と吠えていました。

元々あったものが半減しちゃうとか、成長ホルモンとか減っちゃうとか(よくテレビの通販でやってるw)。
まったく嫌な話ですが(苦笑)。

要するに、根本的になんとかしないと大変なことになるわよ!という・・・。

 

で、その彼女、国内の有名ブランドとか取っ替え引っ替えした後にたどり着いた外資のブランドを紹介してくれました。

ビーグレン」というカリフォルニア発のブランドですが、もうすっかり日本も長いので、日本人の肌もよくわかっているみたいです。

目の周りのケアのアイクリームとかって、どっちかというと目尻とか目の下のたるみとか、横と下をケアする目的な感じですが、この「ビーグレン」の「アイクリーム」は目の周りの上下も含めての目の周り全体のケアを目的としています。だから私のように、目の横や下よりも「まぶた」が気になっている人には、いいかもですよ。(って、わたしの目の下も目尻のシワも相当なもんですがw)

ビーグレンにはお悩み別にたくさんのラインナップがありますが、とりあえず「アイクリーム」と、顔全体の「エイジングケア」の二つを紹介しておきますね。

ビーグレン 目元ケア トライアルセット
http://www.bglen.net/products/detail.php?product_id=878

ビーグレン エイジングケア トライアルセット
http://www.bglen.net/TSS/index.html

 

ちなみに私は早速「アイクリーム」のトライアルセットのお試しを取り寄せました。
効果が見えたら、またここでレポートしますね。

あ、ちょっとハイドロキノンという美白成分に興味があるんですが、効能が強いようなので(お医者さんも処方する成分)、「まぶた」に使うのはどうかな・・・と思ってしまいました。でもビーグレンの美白ケアも人気あるみたいです。

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット
http://bglen.net/shimi/index.html